2011年1月 3日

スマイル☆シューター!

mayumayu.jpg

スマイル☆シューター ふぁーすと☆ちけっと

先行販売をコミケで入手してストーリーは2日前にプレイし終えました。


個人的にはかなり楽しめました。
シナリオ量、価格、アドベンチャーとミュージックアクションとの兼ね合い、その辺りを見ても良!


特に重要だと思ってるのが、アドベンチャーとミュージックアクションとの兼ね合い。

アドベンチャーとミュージックアクションとの兼ね合いとしては、エンジェリックコンサートが形式としてはある意味完成していると思ってたけど、スマシューでは演出に上手くミュージックアクションを導入しているので、こういう切り口も有りだと思います。
特にフォルテールが弾けるか弾けないかでシナリオの印象が変わってくるんじゃないかな、と思ってます。
もちろん、弾けると尚面白い作品です!
NORMAL以上推奨。


ミュージックアクションでシナリオが霧海正悟さんというと、ディアピアニッシモを思い出す人も少なくないはず。

僕は割とディアピアは好きなので、たまに話題に上がると推してはいるのですが、
内心では引っ掛かってる部分があるのですね。

それが、シナリオから見たときのミュージックアクションパートで、
実はストーリー上、クリティカルな部分での演奏ってクライマックスくらいでほとんど無いんですよね。
ストーリー上では、レコンコルソに向けての練習という位置づけでの導入が多く、まぁそういうストーリーだから仕方ない部分はあるのですが、
結果として、どうしてもシナリオを殺してる感が拭えない。
シナリオ自体はそんなに悪くないと思いますし、ミュージックアクションのシステム自体も悪いものでもないので非常に残念に思います。


ディアピアと比べるとスマシューは
ストーリーの要所で彼女達が歌う箇所があり、その演出として用いているので張り合いがあり、
またクライマックスのシーンではミュージックアクションを入れることによって、そこで生まれる一体感というのを表現出来ていると思います。
流石に実際のライブの一体感とまったく同じものではないけれど、それによって感情移入の差がひと味もふた味も違ってくるんじゃないかな、と思います。この辺の裁量が絶妙。


以前から、エンジェルラビィ☆のノベライズ「うさみみっしょん」とかディアピアを例に挙げて、
「霧海さんはストーリーの魅せ方をよく分かっている」ってたびたび僕は言ってますが、
仮に霧海さんがミュージックアクションが入ることを意識してシナリオを書いたのなら、
やっぱり霧海さんは魅せ方をよく分かっている方だと思うのですね!
本当に素晴らしい。


そんなわけで、個人的にはスマイル☆シューター、かなり好評価です。
同人やりたいから困る。
ソフマップ特典のドラマCDも楽しみだから困る。(勿論、予約済み)

久しぶりに工画堂のいい仕事を見た気がします!

コメント[2]

少々遅れましたが、明けましておめでとうございます。
去年はHPまで遊びにきて頂いてありがとうございました。eien/二等兵です。

サンシャインクリエイションでのスケッチブックの件では大変お世話になりました。
後で確認に行った所、記事になってて震えてましたよ。(爆)
最後の一枚だったので、持ち歩く機会があまり無くなってしまいましたが、
友達に自慢したり、眺めてニヤニヤしたりと有効に利用させて頂いてます。(笑)

アオギリさんってポケモンプレイされてたんですね。
てか、僕も今の時期多いと思われるポケモンハンです。
機会がありましたら、その辺含めてまたお話出来たら良いですね。

工画堂作品に触れる機会はかなり減ってしまいましたが、
去年はアオギリさんの活動を通してまた触れる機会を頂けましたので、
これからも活動の方頑張って頂ければと思います。

少々長くなりましたので、この辺で。ではでは。

No.12のeien/二等兵さんのコメントへの返信

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い致します。

スケブ処女だったので、記念に書かせていただきました。
拙い絵ですが喜んで頂ければ幸いです。

僕も今の時期多いポケモンハンですよー
ここ最近買ったゲームがどれも面白くて
若干ポケモンは休憩中な感じになってますが…

20代半ばを中心に某普及委員会にポケモン部が出来る程度にはこの界隈もポケモンが流行ってます。
まぁ、世代っていうこともあるんでしょうなぁ。


この不況で例に漏れず工画堂も見てると先行き不安な感じですから、
ファンとしてやれることはやっていきたい所存でございます。